RAWLENSのホームページ | 【お客様インタビュー】KOKOTEL THAILAND 様 -ウェブサイト用の動画について-
16527
single,single-post,postid-16527,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-9.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive
 

【お客様インタビュー】KOKOTEL THAILAND 様 -ウェブサイト用の動画について-

名称未設定-1

【お客様インタビュー】KOKOTEL THAILAND 様 -ウェブサイト用の動画について-

RAWLENSの動画制作をご利用いただいたお客様へ、「動画を作ってみて、正直どうでした?」という突撃インタビューシリーズ。

PART 1 はこちら
【お客様インタビュー】NPO法人「日本PR」様  -クラウドファンディング用の動画について-

 

今回はPART 2。
KOKOTEL THAILANDの
最高執行責任者・“Wow”創造ディレクター
中塚 亘 さま
にお話を伺いました!

KOKOTEL THAILANDさま サイト

サイトリニューアルに伴い、トップページに載せる動画を制作したいとのご依頼をいただきました。
それではお話をうかがってみましょう。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

以下、N… 中塚さま 
R… RAWLENS

DSC01045

Kokotelとはどういったホテルなんでしょうか?

N…普通のホテルとは一線を画した、新しいタイプのホテルを目指しています。

2016年2月、代表の松田がスラウォンに記念すべき第1号店をオープンさせました。
それに続いて2017年10月にはクラビ、その次にはプーケットと、これから次々に新店舗を展開させていく予定です。
計画としては、10年間で東南アジアに1000店舗をオープンできるよう動いております。

R…1000店舗!すごいですね

N…コンセプトは『Bed & Cafe』です。

根底としては人間にとって衣食住すべてのコンポーネントが含まれている新しいタイプのホテルを作りたいというのがあります。

さらに言うと、コンセプトは3つの柱から形成されています。

1つ目は『Value For Money』
これは、“値段以上の価値を提供する”ということ
2つ目は『Communal Experience』
これは、“コミュニケーションの場“を提供するということ
3つ目は『Memorable “WOW” Experience』
これは、“一生の思い出に残るような価値を提供する”ということ

こうした想いが当ホテルには込められています。

「ただ寝るだけのホテル」「ただ食べるだけのカフェ」ではなく、宿泊者同士や、宿泊者とホテルスタッフが相互にコミュニケ―ションできる場所であった方がいいと思うのです。

私も以前ディズニーに勤めていたのでこのように感じるのですが、シンデレラ城の前で撮った『家族写真』というのは永遠にお家に飾られますよね?

私たちKokotelも「そういう1枚を提供できるような空間」を創り出したいし、「そういう1枚を撮りたくなるような空間」を創っていきたいと思っています。

(中塚さんの経歴:元オリエンタルランド:経営戦略部門)

 

なぜタイや東南アジアに展開しようと思ったのですか?

N…東南アジアのホテルには、日本のような「当たり前」が少ないんです。
日本のホテルは清潔かつリーズナブルなのが当たり前ですよね。
でも、国が違うとそのサービスは「当たり前」とはいかなくなってしまいます。

これを文化の違いと言ってしまえばそれまでですが、それでは旅行者のニーズが満たせないと思ったのです。

また、第1店舗目の地としてタイを選んだのは、東南アジアの中でも日本人や日系企業が多く、参入しやすいとも考えました。

DSC01074動画にどういった効果を期待していますか?
N…
私たちの課題は「人材の獲得」「ポテンシャルゲスト・潜在顧客をアトラクト(引き付ける)する」といったものがありました。
ですので、『Kokotel』というのは、「寝るだけ」、「食べるだけ」の場所ではなく、『値段以上の価値』、『コミュニケーションの場』、『一生の思い出』を感じることができる場所であることを魅力的に伝えたいと考えていたのです。

それを伝える方法として最適なのが『動画』でした。
静止画やテキストだけの資料では伝わりきらないイメージが、動画には載せられると期待しました。

 

今回、数ある動画製作会社の中からRAWLENSにご依頼いただけた理由はなんでしょうか?
N…
今回は第1号店のホテルを動画制作するので、“クオリティーを担保できる動画を作りたい”という思いがありました。

そのため、タイのローカル企業ではなく、日系の動画製作会社を探しました。
私は来タイ半年しか経っていないしタイ語もわからないので、詳しいことが何もわからなかったんですね。

一応ネットで「タイ 映像制作」と検索はしましたが、何が良くて何が悪いかも正直あまり分かりませんでした。(笑)

そこで、Kokotelのサイトリニューアルを全面的にお願いしている後藤さんに相談したところ、RAWLENSを紹介してもらいました。

ごとうまさとし事務所
https://masatoshigoto.asia/jp/opened-office-masatoshi-goto/
WEBサイト企画/制作 WEBサイト保守/管理 グラフィック/ビジュアル制作 ロゴマークデザインなど

 

実際にRAWLENSでサイト用に動画を制作してみて、どうでしたか?動画の出来はいかがでしたか?
N…大満足です!
綿密な打ち合わせがあったからこそ、満足する形に出来上がったものだと感じています。

我々が「どうしても伝えたいポイント」を表現する為に、ヒアリングやコンテ制作を経て、それをまたブラッシュアップして両者(Kokotelさまと弊社RAWLENS)の考えの溝を埋めていきました。
このようなプロセスのお陰で“我々が求めていた動画”を完璧に作り上げることができました。

絵コンテ(撮影前に作る、絵とテキストで動画内容をまとめたもの)を見たときに期待がとても大きくて、「これが一体どんな動画になるんだろう?」とワクワクしていました。

R…そして実際出来上がったものを見てみてどう感じました?

N…「自分たちで作り上げたものだ!」という実感がすごく湧きました。
気軽に発注してパッとすぐ出来上がるような、インスタントなものでは出来ない、痒いところに手が届くものができて、大満足です。

R…ありがとうございます!出演していただいたご家族も動画の質をあげてくれた要因ですね。

N…そうですね。特に女の子、娘さんが本当に素晴らしい演技をしてくれました!

DSC01046

今後の意気込みをお聞かせください。
N…
当面はタイ国内で展開していく予定です。

その中で【kokotel】というブランドをここ3年のうちに確立していきたいと思っています。

「10年で東南アジアに1,000店舗」という大きな目標を掲げているので、それを達成する為にも積極的にチャレンジしていくつもりです。
ここ(スラウォン店)が第一歩目の店舗であり、私たちのサービスを見える化してくれる『動画』は、そういった意味でも極めて重要な存在になるのです。

R…Kokotelさまの発展の重要な部分を担えてとても光栄です。
今回は本当にありがとうございました!

 

 

まとめ
KOKOTEL THAILAND様は、
「Value For Money」
「Communal Experience」
「Memorable “WOW” Experience」
という、
3つのコンセプトをもって活動されているタイのホテルです。
今回の動画制作は、課題としてあった「人材獲得」、「お客様の目線」に対しての課題解決の一翼を担うでしょう。 「東南アジアに1,000店舗」という目標を実現するために日々奮闘する中塚さん。
その背中から学ぶことは多いと感じた今回のインタビューでした。

以下が、弊社で制作したPRムービーです。 ぜひ御覧ください。

No Comments

Post A Comment