RAWLENSのホームページ | seedring
346
archive,tag,tag-seedring,tag-346,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-9.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive
 

seedring Tag

RAWLENSの動画制作をご利用いただいたお客様へ、「動画を作ってみて、正直どうでした?」という突撃インタビューシリーズ。 PART 1 はこちら 【お客様インタビュー】NPO法人「日本PR」様  -クラウドファンディング用の動画について-   PART 2 はこちら 【お客様インタビュー】KOKOTEL THAILAND 様 -ウェブサイト用の動画について-   今回はビジネスプランコンテスト用の動画をご依頼いただいた、 バンコク・プラカノンのまつげ美容専門店 eyelash salon Seedring(シードリング)の代表 秋元 希美さまにお話を伺いました。 eyelash salon Seedringさま Facebookページ   WiSE Woman「バンコク起業」ビジネスプランコンテストとは バンコクで発行部数ナンバーワンの日本人向けフリーペーパーを発行しているライディーン株式会社が、「日本人女性の起業と企業進出」を促進する目的で開催しているコンテスト。 現在も審査中。 →見事、Seedringさんがビジネスコンテストのグランプリを獲得しました! 一次審査への応募には起業内容を紹介する動画の提出が必須のため、その動画の制作依頼をいただきました。 (以下、同コンテスト応募概要より一部抜粋) 動画(3分30秒以内)あなた自身をスマホなどで撮影し、タイで行うビジネスの概要・思いを自分の言葉で下記の要素を述べてください。 事業に関連する自己紹介(30秒) 自分がワクワクするバンコクでやりたい事業概要 それはどんな人が喜び、どんな困り事を解決するのか なぜあなたがその事業をやりたいのか 利益を生むまでのマイルストーン その他、PR WiSE Woman「バンコク起業」ビジネスプランコンテスト サイト (以下、Seedring秋元さん…S、RAWLENS代表・圷…R) さっそく、グランプリを獲得したSeedringさんのPRビデオをご覧ください Q:応募要項に「スマホなどで撮影し」と書いてありますが、なぜスマホ撮影でなく、弊社にご依頼いただいたのでしょうか   S 審査する方にきちんと見てもらえるようにというのと、そもそも自分で撮るやり方がいまいちわからなくて…。 誰か一緒に協力してお友達とかにお願いしようかなとも思ったんですけど、内容構成などプロの方と相談して進めたいと思ったので、今回制作をお願いしました。   R 構成ですか。   S はい。 自分でやるとごちゃごちゃになって、結局何を言いたかったんだこの人は、みたいになりそうで。 見やすい動画にしたかったんですね。   確かに機材とか照明、美肌効果とか、絵的にしっかりしたものを撮ってもらうのももちろん期待してました。 でもそれ以上にどこから何を語ったらいいかとか、どういった画像をどこに入れたらいいかとか、そういうアドバイスをもらいたかったんです。   Q:実際に動画制作をしてみていかがでした? S 『私一人で内容を考えて、制作会社にはただ撮影編集だけしてもらう』というのではなくて、一緒に作って下さったというところがとても嬉しかったですね。 台本も何度か練り直したりとか。   R Seedringさんの場合、最初のミーティングで話していただいた内容の完成度がすでに高かったんですね。 [caption id="attachment_16650" align="alignnone" width="1024"] 最初のミーティングでの制作メモ。Seedringさまの理念など丁寧に聞き取っていきました[/caption] しっかりしたビジョンがもうあったので、弊社はそれを具体的な言葉・映像にするお手伝いをさせていただいた感じです。 映像制作する側としては、起業の根本的なコンセプトの部分まではお手伝いすることはできないので。   S そうですよね。   Q:完成した動画の第一印象はいかがでしたか S とても良かったです! 私が入れたい要素をしっかり入れていただけて、その上で、さらにわかりやすく伝える工夫が沢山なされてました。 特に、1年後、2年後、3年後、という未来予想の図などちゃんとしたものを作って入れてくれたのがとてもよかったです。 自撮りだとどうしても、喋ってる自分の顔のアップばっかりになってたと思います。   R ありがとうございます。   S 感動しました。(笑) R あれは弊社のデザイナーが最初に完成図を作って、そこに僕がいろいろな動きをつけているんですね。 彼女のおかげでもともとの完成図がしっかりしてるので、動きをつけてさらにわかりやすくすることができました。   S 流石。   R Q:動画の撮影時、予想と違ってこうだった…というような事はありましたか?緊張とかされましたか。   S 全く緊張しませんでした。 多分お二人(撮影時に立ち会った弊社スタッフ)の居心地の良さのおかげです。 それに機材がとても本格的で、あんなの見たこともないし撮られたこともないし、さぞかし良い絵を撮ってくれるんだろうなという感じで、かえってリラックスできました笑 雰囲気はとてもよかったし、思ってたのと違う!というのも全然無かったです。 あと前髪がぴょんぴょんしてるのに気づいて直してもらったりとか、そういう細かい心遣いがよかったです。   R 嬉しいです!   Q:Seedringさんの、5年後10年後の展望を教えてください。 S もともとは母が日本で15年やっているお店で、海外進出したいという思いが昔からありました。 それを私が引き継いで今タイで1店舗目をやっているところです。 Seedringを世界にどんどん広めていきたいです。 メインは今あるようなサロン、お店の展開。あとはスクールを展開させていきたいです。 タイではまだマツエクはそこまで有名ではなく、痛い、まつ毛が無くなるなどネガティブなイメージを持たれてる方が多いんです。 なのでそれを払拭していくことと、働き手が豊かな人生を送れるようにしていきたいです。 働き手が豊かになれば、お客さんも豊かになってもらえますよね。 具体的な店舗数はまだ考えてはないですが、タイでナンバーワンのマツエクの睫毛美容の市場を作っていきたいなと思っております。   R 素晴らしいですね!   S ありがとうございます。   Q:今回動画を作ってもらった事で、自分の中でぼんやりしていた気持ちがものすごく明確になりました。 危うくずっとボンヤリした状態でいくところでした。(笑)   気持ちはあったんですけど、これまであまり言葉にしてこなかったんですね。 言葉にして伝える努力をしないと人には伝わらないし、それに気づけたので凄く感謝しています。   R 実は、僕も自分の会社のこういう動画作りたくなってます(笑) この事業を最終的にどの規模でどうしたいのか、というのを僕も人に話したことがないですね。 自分でも意外と自分の考えを把握できていない、明確になってない、と気づきました。 意識して企業理念、企業規模、アウトプットしていきたいですね。   S そう、本当にそうなんです。 はっきりと言葉にして伝えることは本当に大事だなと、今回作って気づきました。   コンテストにはもちろん入賞したいですが、もしできなかったとしても、この動画制作をとおして本当に価値のある時間を過ごせました。 S お願いして本当によかったです。   R そう言っていただけて本当に光栄です! 本日はありがとうございました!   (2017/12/28 註:まだ二次審査・最終審査とありますが、第一次審査は見事通過いたしました!) →その後、見事グランプリを獲得されました! まとめ 弊社の女性スタッフも個人的にSeedringさまでまつげエクステをお願いしたのですが、本当に気持ちが華やかになりますね!技術もとても上手でした。   まつげ美容専門店 eyelash salon Seedring 店舗情報 場所:BTSプラカノン駅から徒歩5分ほど soi Suhkumvit 48 Khwaeng Phra Khanong, Khet Khlong Toei, Krung Thep...