未分類

コロナでなかなか海外へ行くことも難しい状況ですが、沈静後にはまたぜひ微笑みの国へ向かいたいと思っている人も多いはず。 ここ10年ほど、日本人のタイへの関心がどんどん高まっているように感じます。 そこで、タイの日系映像制作会社RAWLENSが、「タイで動画を撮影しようと思った時に注意すべきこと」をまとめてみました。 プロの映像制作の方も、タイでイカした動画を撮りたい一般の方も、ぜひ参考にしてみてください! 1.タイの天候・撮影する際の注意点 常夏のタイですが、3つの季節があります。 時期によっては思ったような撮影ができない場合もありますので注意が必要です。 3~5月…暑季 最も暑く、40℃近くなる日も多い時期です。 「青い空青い海、照りつく太陽」といった、いわゆる南国感のある動画を撮影したいなら暑季は最適です。 4月にはソンクラン(タイ正月)があり、その際の熱狂的な水掛祭りは映像映えもバッチリです。 注意事項:外での撮影の際は熱中症に気をつけましょう。ソンクランを撮る場合、機材の防水対策は忘れずに行ってくださいね。 6~10月…雨季 激しいスコールが降る時期です。 とはいえ日本の梅雨のように一日中降り続くことはほとんどありません。1時間程度でやむことが多いです。 雨のタイも独特の雰囲気があり、映像にいい味が出ること受け合いです。 注意事項:もともと混んでいる道が突然の雨でさらに渋滞、ということがよくありますので、撮影の際は早めの行動を心がけましょう。(渋滞については後述) 場所によっては洪水になる可能性もあります。 11月~2月…乾季 ほとんど雨が降らず、乾燥した天気で安定しています。 朝晩は肌寒く感じるほど。 外での撮影の場合は、スタッフ的には一番快適な時期と言えます。 暑季ほどの日差しはないものの、日本とは違った空気感や南国の雰囲気は十分ありますので、撮影しやすい時期といえます。 注意事項:意外と寒いこともあるので防寒対策をしていく 2.タイでのドローン撮影 Drone pilotage. Copter flying and hovering at sunset タイはドローン映えする場所がたくさんある! 海や山の自然や都心の風景など、日本では絶対に撮れないような素晴らしい風景も多く存在するタイ。 弊社サイトトップページの動画も、サメット島でドローン撮影したものです。 ドローン撮影でタイの魅力を最大限に伝えたい!と思うかもしれませんが、事前の調査と準備が必須です。 撮影可能なエリアかどうかチェック 撮影禁止エリアが多いので、撮影したい箇所が撮影可能かどうか確認しておきましょう。 特に自然保護区はほとんど撮影できないと考えていいでしょう。 弊社RAWLENSの代表は、シミラン諸島へ遊びにいく際にドローン撮影する気満々だったものの、「自然保護区だから持ち込み禁止」とスタッフに言われ、島へ向かう波止場にドローンを置いていった無念の思い出があります。 ライセンスと保険の加入が必要 そもそもタイでは交通輸送規制局からのライセンスがないとドローンを飛ばせません。(違反すると最悪懲役刑になります) そして保険への加入も必須となっています。 (参考:弊社代表がライセンスを取りに行った際の記事)(外部サイトに飛びます) ↓ https://anngle.org/culture/business/drone-thailand.html 他にも注意事項がたくさん ・都心部では基本的に禁止 ・空港の近くでは禁止 ・約90メートル以上の飛行は禁止 などなど… タイでドローン撮影したいけど保険やライセンス取得なんて面倒だ!という方はぜひ弊社へご相談くださいませ。 ドローンで撮影したタイの風景は本当に素晴らしいですよ! 3.渋滞地獄と裏技対処法 Bangkok rush hour haevy trafic jam in the morning, buildings in mist as background. タイの渋滞地獄 タイの渋滞は本当に凄まじく、世界一、二を争うほどだと言われています。 1時間と思っていた移動が2時間3時間と言うことはザラにあります。 (タイ人運転手に事前に相談すると移動時間についてアドバイスをくれることもありますが、彼らにも予想できないぐらい混雑することがあります) タイの渋滞対処・裏技 どうしても撮影に間に合わない!という場合の、弊社の最後の手段・裏技をこっそりお伝えいたします。 それは… 各スタッフに荷物を少しずつ持ってもらいバイタク(バイクタクシー)でそれぞれ駆けつけてもらう。 です。 車は渋滞で動けなくてもバイタクなら小回りがきいて早く移動できる場合が多いので、もし困った時は利用してみてください。 (交通事故には充分気をつけてくださいね!) 4.タイ屋内での撮影はエアコンに注意 タイは年中暑いので薄着で十分…と思いきや屋内のエアコンは本当にきついです。 屋内で長時間の撮影を行う場合はかなりの厚着を用意した方が良いでしょう。 まとめ 以上「タイで動画を撮影しようと思った時に注意すべきこと4点」でした。 日本とは異なる環境で不便や不自由もあるかと思いますが、やはりタイで取る映像にはタイにしかない魅力が詰まっています。 タイでの撮影をお考えの方、ぜひ2013年創業のバンコクの日系動画制作企業RAWLENSにご相談・ご依頼くださいませ。 ...

以前、J-CLINIC様の動画制作後、インタビュー記事を公開いたしました。 https://youtu.be/tHGeP9oW67M 以前制作させていただいた動画「コンセプト編」 そして今回、J-CLINICさんが、毎年クリニックを上げて行っているボランティア活動を、CSR活動として動画制作したいとのことで、ご連絡いただきました! CSR活動とは? CSRとは、「Corporate Social Responsibility」の略語で、日本語に訳すと「企業の社会的責任」という意味になります。 CSR活動の対象は、ステークホルダー(利害関係者)になります。 具体的には、従業員、顧客、取引先、仕入先、消費者、株主、地域社会、自治体などなど・・・つまり、企業の活動に関わる人すべてを指します。 企業は自社の利益を追求するだけでなく、自らの組織活動が社会へ与える影響に責任を持ち、あらゆるステークホルダーにとってプラスになること全般がCSR活動になります。 比較的多くの日本企業で行われているのは、 「地球環境への配慮した商品の開発や生産体制」 「ボランティア活動支援などの社会貢献」 「地域社会参加などの地域貢献」などです。 今回の撮影内容 今年のJ-CLINICさんが行われるボランティアは、 ラチャブリーにある、身寄りのいないご老人や身体に障害がある方々が暮らす施設で行われました。 今回は、これまで行ってきた、寄付金・物資の贈呈、イベントの開催だけではなく、「治療」を施すことになりました。 まさにタイで活動しているJ-CLINICさんにしかできない社会貢献です! ボランティアを行った施設「บ้านลุงสนิท ราชบุรี」 J-CLINICさんからは今回の撮影にあたり、事前にボランティアに向けて思いの詰まった企画書をいただきました! 弊社で制作した動画を通して伝えたいことが、とてもわかり易くまとめてくださっていて、 絵コンテの制作もスムーズに進むことができました。 動画制作に当たる際は、必ず、絵コンテを作成し、クライアント様に確認していただいてから、撮影に望みます。 そうすることで、どのような映像を制作するか、齟齬がないように擦りあわせることはもちろん、 どのようなシーンを重点的に撮影するか、明確にすることで少ない撮影時間であっても効率的に撮影をすることができます。 いただいた企画書を参考に、 ボランティアにあたっての構想などは、モーショングラフィックスで簡潔に、 普段はバンコクで働くタイ人の先生たちが、地域の治療を必要とする方々と触れ合い、治療を施すシーンをふんだんに取り入れることに決まりました! 撮影当日 ー撮影準備 撮影現場のラチャブリーまで車で2時間・・・ と思いきや、道が工事されていて通行止めになっていたり、Google Mapで表示された道が車の通行が禁止されていたり、 撮影前にプチトラブルがありつつ、無事現場につくことが出来ました。タイの郊外では、予想外のことがたくさん起こりますね… サブカメラ&音声 担当:スタッフY J-CLINICさん到着前に撮影準備をしていきます。 今回は、メインカメラと、表情の寄りや音声を録る用にサブカメラの2台体制。 入居者の方々もお年寄りの方が多いことや、治療時間が限られていることもあり、 照明は立てずに、ほとんど自然光で撮影していきました。  ボランティアの様子 J-CLINICの方々も無事到着し、施設の方々にご挨拶し、この施設の成り立ちなど説明を受けました。 そして早速、数十人のJ-CLINICスタッフの方々で治療の提供にあたります。 スタッフの方々は一人一人の入居者の方々に向き合い、痛みがある場所を聞いて、マッサージをしていきます。 マッサージだけではなく、入居者の方々とコミュニケーションを交わしていました。 最初は少し緊張した空気も漂っていましたが、 マッサージやコミュニケーションを通して、笑顔がどんどん増えていき、温かい空気に包まれていきました。 J-CLINICの先生方は若い先生方が多かったのですが、皆さんお年寄りの方々とのコミュニケーションの取り方がとても上手!家族のつながりを大事にするタイ人ならではなのでしょうか。 撮影のほうも、皆さんのいい表情をたくさん撮ることができました。 1時間ほどの施術の時間が終わり、J-CLINICさんから今回のボランティアの感想などメッセージ、 入居者の方々に素敵な感想をいただきました。動画が公開された際にはぜひご確認ください。 ボランティア終了後 施設の方々とコミュニケーションを楽しんだあとは、 施設で消耗品になる物資と店頭で集めた寄付金の贈呈を行いました。 エグゼクティブ・ディレクターの佐藤先生と施設の代表の方 J-CLINICの先生方全員集まってもらい、映像のラストカットになるシーンも撮影! 素敵な笑顔をいただきました! このボランティア活動は、J-CLINICのコアバリューのひとつ「社会に対して良い影響を与えられる人間になろう」の一環として、タンブンを大事にするタイ人スタッフからの発案で取り組んできたそうです。 タンブンとは? タンブンとは、タイ語で、お布施をする・徳を積むという意味。 お布施をし、誰かの為に役に立てば最終的には幸せが自分に返ってくるということみたいです。 タンブンすればするだけ、幸せが増える、という考え方で、これを大事にしているタイ人が多いそうです。 最後に RAWLENSでは、J-CLINICさんのCSR活動動画を絶賛編集中! この日の素敵な空気感が、動画にたくさん出していきたいなと思っています。 会社のCSR活動やイベントの動画制作を考えている方は、ぜひRAWLENSまでお問い合わせください。 J-CLINIC 概要 「あなたの痛みを根本からなくす」をコンセプトに、腰痛、五十肩、坐骨神経痛などの痛みを原因から取り除き、再発を防ぐための根本治療を行うクリニック。 J-CLINIC ウェブサイト ○J-CLINIC トンロー院  Tel. 02-185-3433 ○J-CLINIC プロンポン院 Tel. 02-262-0831 ○J-CLINIC エカマイ院  Tel. 02-115-8433 ...

今回から、RAWLENSの動画マーケティングをご利用いただいたお客様へ、 「動画を作ってみて、正直どうでした?」という突撃インタビューをシリーズでお届けしたいと思います! 記念すべきPart1のお客様はこちらです。 内閣府認定NPO法人 日本PR
開闢理事長 苅部俊雄 さま 日本PRサイト http://www.nipponpr.org/ クラウドファンディング用のPRムービーを制作させていただきました。 今回、理事長の苅部さんから、「Omotenashi Test」というプロジェクトのため、 PR映像を作りたい、との制作依頼をいただきました。 「Omotenashi Test」とは、日本人が持つおもてなしの心やコミュニケーションスキルを、国外に広めていくためのプロジェクトです。 そして、同プロジェクトをクラウドファンディングで発表するため、PR動画の制作を弊社RAWLENSに依頼された、という流れです。 では、インタビューを始めましょう!   以下、K… 苅部さま 
R… RAWLENS。 R… クラウドファンディングに挑戦するにあたり、なぜ動画を作ろうと思ったんですか? K
… それはですね、クラウドファンディングで資金を募る際、動画でPRすると、「動画なしと比べて3倍もの投資金が集められる」、という記事を読んだからです。
(参考 : https://camp-fire.jp/pages/project_making ) 「クラウドファンディングするなら動画なしでは考えられない。文字だけでは伝わらない。文章で伝えようと頑張れば頑張るほど長くなって読みづらくなる。」ということも書かれていて、確かにそうだなと。 ですので、動画を作ろうと思い、タイ国内の映像制作会社をネットで検索しました。 R… タイにはいくつか日系の映像制作会社がありますが、弊社をお選びいただいた理由を伺ってもいいですか? K… はい。とりあえず、検索結果の1ページ目に出てきたサイトから各社に見積もりをお願いしました。結果的にはRAWLENSさんともう一社、お見積もりをもらいました。…実はね、この段階では、RAWLENSさんじゃない会社の方が安かったんですよ。 R… あ、そうだったんですか。笑 K… でも、この場合、安さは決定打にはならないな、と思ったんです。 初回のミーティングでのフィーリングというかなんというか…RAWLENSさんに、ぜひお願いしたいなと思いました。 R… ありがとうございます!   実際にRAWLENSで動画を作ってみて、どうでしたか? K… 完璧!想像以上の出来でした。すごくよかった。 僕のPRしたいことが全部PR映像に含まれてた。しかもすごくかっこよく。 自撮りの動画を送ってくれたデンマークの友人に完成品を送ったら、「こんなちゃんとした映像作るんだったら早く言ってよ!もっとちゃんとしたの撮ったのに…」と文句を言われました(笑) 注:今回のPR動画には、一部外部出演者によるセルフィのインタビューシーンがあり、これは当事者に撮っていただき、送っていただきました。 R… なるほど(笑)光栄です。そう言っていただけると本当に作った甲斐があります。     映像について何か気になった点はありましたか? K… 私のインタビューシーンの滑舌です。自分の。(笑) R… えっ、特に問題なかったと思いますが…気になったのはそこだけですか? K… はい、そうですね。 この映像はどう活用されていくのでしょうか? K… まずYoutubeにアップして、日本国内のクラウドファンディング、ready forとcampfireで使わせていただきます。 それが終わったら、アメリカのkickstarterに。日本PRのサイトでも使っていきたいですね。 R… なるほど。
日本PRさまの活動のお役に立てれば弊社としてもとても嬉しいです。
今後も宜しくお願いします!   まとめ 日本PRさんは、「日本の観光産業の活性化」、「日本人のアイデンティティの確立」、「日本を通じての親睦」という、3大目的をもって活動されている日本のNPO団体です。 今回の「Omotenashi Test」も、動画を活用してクラウドファンディングで訴求することで、その大きな目的の一助となるでしょう。 海外で日本の文化を広めるべく積極的に活動されている苅部さん。その背中から学ぶことは多いと感じた今回のインタビューでした。 以下が、弊社で制作した「Omotenashi Test」のPRムービーです。 ぜひ御覧ください。 ★動画マーケティングのご相談はRAWLENSまで! お問合せはこちらまで...